過ぎ行く風景
バツイチカケスのゆるゆる人生 BGMも交えて のんびりゆったり歩きます
いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



プロフィール

カケス

マスター : カケス
5年前、新しい人生の
スタートを切りました。
今はゆっくりと心身を
癒している最中。
近くに温泉が噴出したので、
週末を楽しんでいます。





周辺散策まっぷ


ameba lanking banner

▼ こんな男 要らねぇ !!
箱ミネコの離婚日記(暴走)
こんなオトコ要らねぇ~ミネコの「モラハラ」リコン日記
元夫から「モラハラ」を受けた
漫画家の筆者がやり場のない
怒りを爆発、ペン先を潰しつつ
執筆した著作、ついにマガジン
ハウスより、電撃発売が決定。
早くも大増刷準備か?

▼ カッパの南国別館
▼ 離婚・デトックス!
▼モラル・ハラスメント
 被 害 者 同 盟

▼95%モラハラ夫!
▼シングルマザーのゆううつ
▼ にゃりんたが行く
▼ 地上12,000mmの沃地
|電柱|`∇´)ノ





最近のお茶会話



コース別 メニュー



本日のおすすめ



月別アーカイブ



屋根裏部屋

全タイトルを表示



マスターへご注文

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



記事検索

指定言葉を含む記事を表示



お気に入り

Master of Coffeehouse Wolds
Found Gadgetries as . . .


foo bath bookstand
Relaxing Bath BookStand


just an old fashioned coffeemaker
old Fashioned Coffeemaker


One day, a little Chick visited Coffeehouse Wolds and....
One day, a Chick visited my...



piano player
Karaoke Network Comunity


家頁画廊~Web素材集~
Funny Style Illustration



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミケ猫行方不明事件(下)

 こんばんは! カケスです。



 カケス初の連続記事(爆)、『ミケ猫行方不明事件』 の最終回です。


 最終回につき、超長文になります。 お時間のない方、ご注意を…



 前回を読んでいない方は、この記事から読み始めると、頭が胃潰瘍をおこします(笑)。


 前回、または、初めから読み始める方は、この▼リンクをクリックしてくださいね。


 花さん『ミケ猫行方不明事件』 をはじめから読む


 鳥さん『ミケ猫行方不明事件』 を前回から 読む


 


 




 


  <前回までのあらすじ~(中)編まで~>




 とある日曜日の朝、僕の店に、またたび神社』 の巫女さんが、大慌てで飛び込んできた。


 神社の宮司さん 三毛猫さんがいなくなって自棄酒の宮司さん  が大切に飼っている三毛猫 三毛猫さん が、見当たらないのだという。




 目撃者の証言によれば、バス停 『 もみじ前 』から、三毛猫が、路線バス 網羅バス の最終バスの車内に、飛び乗ったらしい。


 最終バスは、ほとんど乗客がなく、乗り込んだら終点まで、まず、ドアは開かない


 三毛猫は、バスの終点で降りた、とみて、間違いないだろう。


 ところで、『 もみじ前 』バス停は、道路事情で、道路の片側にしかなく、反対車線側にはないという、変わったバス停である。


 そこで、僕と巫女さんは、三毛猫の行き先を推理したのだが、なんと、別の道路の遠く離れた場所に、『 もみじ前 』バス停が、上り車線・下り車線用にそれぞれ1か所、あることがわかった
 これでは、三毛猫がどちら方向の終点にいるのか、わからない。


モラーシア圏外自治区地図3


 僕と巫女さんが困惑している中、作者から挑戦状が届く── なんと、三毛猫は、全然関係のない、『 ふもと村 』 にいて、作者が隠しているというのだ。


 三毛猫を取り戻すためには、なぜ、三毛猫が 『 ふもと村 』 にいるのか、謎を解かなければならない




 僕と巫女さんは、三毛猫 三毛猫さん  を、無事に、連れ戻せるのか?



  クララが立ったのよ~っ』 と泣き叫んで抱き合うアルプスの少女ハイジのような、


 愛と感動のフィナーレ は、用意されているのだろうか…?(爆)


 




 


  「三毛猫が、『 ふもと村 』 にいる、ですって?!」


 
 僕は、思わず絶句した。


 
僕 「そんなばかな…。あり得ません。このふたつの 『 もみじ前 』 バス停の配置では、
  
みなと町 』か、『 えき 』にしか、三毛猫は行けないはずです」


巫女「でも、作者さんが、そう言われているのですね。 三毛猫さん 三毛猫さん は、『 ふもと村 』にいる、と…。 カケスさん、早く、ふもと村へ行って、三毛猫さん 三毛猫さん を探さなければなりませんわ」


 
 巫女さん、もう、考える余裕もないようだ。半分腰を浮かせて、すぐにでも店を飛び出して、『 ふもと村 』へ行こうとしている。


 
僕 「まあ、待ってください、巫女さん。 『 ふもと村 』は、自然が広がって、のどかなところですが、その分、三毛猫さんの目撃者も少ないでしょう。 どこかの森の中に入り込まれていたら、おしまいです」


巫女「でも、早く行かないと…。三毛猫さん三毛猫さん が…」


 
 巫女さん、頭を抱えて、椅子に座り込んだ。


 はやる気持ちは、わかるけれど。


 
 「… ここは、ひとつ、作者を信じましょう(爆)。 三毛猫は、作者が保護しているはずです」


 
 僕は、謎の脅迫挑戦状の紙を、手に取った。


 
 「 『なぜ、猫がふもと村にいるのか、その謎を解け』── この謎さえ解ければ、三毛猫は、帰ってくるはずなのです」


「でも、そんな謎なんて、解けませんわ。 この地図を見ればわかりますの。 三毛猫さん三毛猫さんは、『 もみじ前 』バス停から、網羅バスに乗り込んだのです。 ふもと村 にいるなんて…」


 
 僕は、焦る巫女さんを前に、腕を組んで考え込んだ。
 クリーニング店『ママン』経営の女性も、黙ったまま、地図を覗き込んでいる。


モラーシア圏外自治区地図3


 とにかく、このままでは、進展はなさそうだ。


 
 「…わかりました。 とにかく、『 ふもと村 』へ行ってみましょう。 何か、手がかりが、あるかもしれません」
 


 巫女さんの顔が、少し、明るくなった。


 「じゃ、すぐに、参りましょう。三毛猫さん 三毛猫さん を、助けなければなりませんわ」


 「そうと決まれば、すぐに行きましょう ──ママンさん も、ご自分のお店に戻らなければ。 『 ふもと村 』まで、ご一緒しましょう」


 「ええ、そうですわ、ママンさん。 情報を、どうもありがとうございました」



 巫女さん、ママンさんに、深々とお辞儀をした。


 
 ママンさん 「いえ、いえ、大したことはございません」



 ママンさん、あくまで、謙虚で礼儀正しい。



 「では、いったん『 えき 』に出て、電車で、『 ふもと村 』 近くまで行きましょう」


 ママンさん 「電車で、行かれるのですか?」


 「はい、車を出してもよいのですが、もみじ前バス停周辺は、ときどき、大渋滞になりますからね。
── 電車のほうが、早くて確実です」


 
 ママンさん、納得したようだ。



 「では、電車で参りましょう」


 
 僕は、立ち上がって、地図を丸めた。


 地図を、カウンターに置いてあった古い革トランクにしまい、代わりに、小さな看板を取り出して、店の扉の外にかける。



  『事件発生につき臨時休業──名探偵カケス 』

…(爆)


 




 


 40分後、僕たちは、クリーニング店 『 ママン 』 さんの案内のもと、『 ふもと村 』 にいた。


 しかし、照りつける太陽が、とにかく暑い。  半袖の僕やママンさんはいいが、正装の巫女さんは倒れそうになっている。


 このままでは、まずいだろう。



  「ママンさん、どこかの店に、いったん入りませんか。 巫女さんが、辛そうですよ」


 「ええ、もう少し行くと、ふもと村の商店街がありますわ。 そこに行けば、私の店もありますし、隣の居酒屋 『 酒蔵 』でランチもできます。 冷たいものでしたら、純喫茶『華子』で、『あずきシャーベット』がおすすめです」



 観光案内をしてくれるママンさん。 ありがたいが、…三毛猫も気になる。



 「とにかく、情報の多い、商店街へ行きましょう。 聞き込みもしたい」


 「ええ、三毛猫 三毛猫さん さん…どうか…、ご無事でいて…欲しいです…わ…」



 巫女さん、ふらふらである。 とりあえず、巫女さんは、どこかの涼しい店で待機してもらわなければ。


 そのまま、5分ほど歩くと、急に、ママンさんが立ち止まった。



 「ここです。 ふもと村の商店街は」



 古びた建物の角を曲がると、急に、まっすぐで、開けた道路に出た。


 人影はあまりないが、レトロチックで、昭和を感じさせる、いい雰囲気の店が並んでいる。



 「とにかく、いったん、店に入りましょう。 ママンさんおすすめの、喫茶店『華子』でいいです」



 僕たちは、ママンさんの案内で、自転車店 『 二輪太 』、生花店 『 』の前を通り過ぎた。


 しかし、いい雰囲気の商店街である。 洋裁店 『 アイリーン 』 のセピア色になったショーウインドウには、みのむしのぬいぐるみが飾られていたりして、その季節はずれさが、妙に新鮮だ。


 角の雑貨店 『 米鈴 』 のガラス引き戸の横には、なんと、丸い筒型の郵便ポストが鎮座している。 なんともレトロな光景で、そのすぐ横に立っている、 錆びだらけの バス停 と実に良く溶け合っている。 絵になる風景だ。


 ん?


 ちょっと待て、何かが、今、頭をかすったぞ。



 「…どうしたんですの?」


 「いや、なにか、今、気になったことが…」



 もう限界という感じの巫女さんに答えながら、僕は、暑さでボケている頭をフル回転させた。


 いや…なんだ…?


 そうか、これだ! 僕は、叫んだ


 「ママンさん!」


 「どうしました?」



 ママンさんが振り向く間もなく、僕は、バス停に駆け寄った!



 「このバス停は?! 一体、どこ行きのバスが出ているのですか?」



 ママンさん、戸惑ったように答える。



 「ええ… もみじ前 』 行き


バスが、出ていますが…」


 



 「は…早く、それを


言って下さいよ~


     (爆涙)」


 


 僕は、思わず、さび付いたバス停のポールに


泣きついた


 バス停のポールには、小さく、張り紙がしてある


 




 


 


 『 謎が解けたようだね。 よくやった、カケス君。


 三毛猫 三毛猫さん は、商店街のはずれの、
アジア料理店 『 河童南国十番館 』 で預かって
モラっている。


 受け取ってくれたまえ。


                  作者   』


 




 



 … と、いうわけで、僕はふたたび、自分の店にいる。


 三毛猫三毛猫さんは、みぃみぃ と泣いて、僕が皿に入れた スープ を欲しがっている。 僕は、ママンさんに 抹茶抹茶さん と もみじ饅頭、巫女さんには すももシャーベットをふるまっていた。



 「また、おじゃましてしまいましたね」


 「いやいや、…お帰りは、『 ふもと村 』への、網羅バスがありますしね」



 巫女さん、泣く三毛猫を押さえつつ、シャーベットをかき込みながら、頭をひねっている。



 「どういうことでしたの? わたしには、わかりませんの」


 「ああ、すみません。 あらためて、ご説明しましょう



 僕は、トランクから地図を取り出して、テーブルに広げた。



 「つまり、簡単に言うと、… 『 もみじ前 』バス停は、もうひとつ、あったんです」



 僕は、地図の右上に、バス停を、もうひとつ、描き込んだ。


モラーシア圏外自治区地図4


 「どういうことですの? 私は、『 ふもと村 』行きのバスなんて、見たことないですわ」


 「ええ、僕も、いままで、見たことがなかったのですよ」



 けげんな表情をする巫女さんに、僕は、最後に描き込んだ、右上の、3番目の『 ふもと村 』バス停を、指さした。



 「このバス亭は、『 もみじ前 』 と 『 ふもと村 』 を往復するバスの、終点なのです。


 この、第3の 『 もみじ前 』 に来たバスは、バス停のすぐ横で、方向転換をして、また、『 ふもと村 』 へそのまま戻っていくのです。


 気づかないはずですよ、巫女さんと僕が知っていた、第1、第2の 『もみじ前 』 バス停の前は、このバスは絶対に通らないのですから──」




 




 


 数日後、『 またたび神社 』 から、僕の店に、大きな御札が、達筆の礼状とともに届けられた。


 僕は、御札を、店の扉の上に、大切に奉ったあと、ほっとして、珈琲豆を挽いていた。


 


 ♪カランカラ~ン♪


 


 おや、お客さんのようだ。 いらっしゃいま…


 言いかけて、僕は、呆然とした。


 勢い良くドアを押し開けて入ってきたのは、白装束に朱色の袴…



 あのっ! あの、見ませんでしたか? ホラ、あれっ! 鳥さん 鳥さん !




 僕は、思わず、頭を抱えた…


 


 


< お し ま い >


最後までお付き合いいただきまして
ありがとうございました~♪


 
カケス        


ameba lanking banner







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。