過ぎ行く風景
バツイチカケスのゆるゆる人生 BGMも交えて のんびりゆったり歩きます
いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



プロフィール

カケス

マスター : カケス
5年前、新しい人生の
スタートを切りました。
今はゆっくりと心身を
癒している最中。
近くに温泉が噴出したので、
週末を楽しんでいます。





周辺散策まっぷ


ameba lanking banner

▼ こんな男 要らねぇ !!
箱ミネコの離婚日記(暴走)
こんなオトコ要らねぇ~ミネコの「モラハラ」リコン日記
元夫から「モラハラ」を受けた
漫画家の筆者がやり場のない
怒りを爆発、ペン先を潰しつつ
執筆した著作、ついにマガジン
ハウスより、電撃発売が決定。
早くも大増刷準備か?

▼ カッパの南国別館
▼ 離婚・デトックス!
▼モラル・ハラスメント
 被 害 者 同 盟

▼95%モラハラ夫!
▼シングルマザーのゆううつ
▼ にゃりんたが行く
▼ 地上12,000mmの沃地
|電柱|`∇´)ノ





最近のお茶会話



コース別 メニュー



本日のおすすめ



月別アーカイブ



屋根裏部屋

全タイトルを表示



マスターへご注文

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



記事検索

指定言葉を含む記事を表示



お気に入り

Master of Coffeehouse Wolds
Found Gadgetries as . . .


foo bath bookstand
Relaxing Bath BookStand


just an old fashioned coffeemaker
old Fashioned Coffeemaker


One day, a little Chick visited Coffeehouse Wolds and....
One day, a Chick visited my...



piano player
Karaoke Network Comunity


家頁画廊~Web素材集~
Funny Style Illustration



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想を誘うもの(爆)

 こんにちは! カケスです!


 急に寒くなってきました。 雪まで降ったりして…。


 寒い中、雪の坂道を登って、丘の上の当店へご来店頂き、ありがとうございます!


 ささ、店の奥の、掘りごたつスペース(新設)へ、どうぞ。


 メニューは、…当店の近所の牧場で絞りたての、ホットミルクで健康的に。


 


 マスターは、1ヶ月ぶち抜き企画物の準備中で多忙ですが、どうぞ、ゆっくりしていってくださいね。


 




 


  さて、久々に、


ローカルネタです(爆)。


 


 当店の近くに、マスターが勝手に 『買い物街道』 と呼んでいる道路があります。


 コーヒー豆の買出しに…というのはタテマエで、じつは100円ショップが乱立している道…あ~、いえ、コホン。


 


コーヒー豆の買出しです(爆)。


 


 とはいえ、好奇心旺盛なマスター。 常に、豆の新しい仕入先を探して、ふらりと知らない道へ入り込みます。


 その日も、裏道へと入り込み、ぶらりぶらりと旅を続けていました。


(決して、道に迷っているわけではナイ)



 と、その時です。 マスターの目に、こんな看板が飛び込んできました。


 


豆




 


 おおっ! これは、コーヒー豆の専門店!


 これで、当店にも、新しい香りの旋風が…千客万来売り上げ倍増なむなむ


 マスターは、喜んで、この看板を見直しました。


 ん…?


 


 


豆の木


 


 ま、豆の木?!


 ちょっと待った、いくらマスターにこだわりがあるといっても、豆を育てるほどではない(涙)


 しかし、この店、いったい何なんだ、えらく大きな看板だけど…


 マスターは、後ずさりして、看板全体を見回してみました。


 そこには…


 




 


 


豆の木文庫 看板





 あ、豆の店じゃ、なかったんですね。


 しかし、手作りの大きな看板に、素人っぽい絵… でも、


かなり、ていねいに描いてあります。


 これを描いた人は、ちょっと茶目っ気のある、温かい人なのでしょう。


 キャッチフレーズがまた、いい。 「── 赤ちゃんからおとしよりまで、本を無料で貸し出します」 


 開館時間は、毎週土曜日の午後1時半から、4時まで。


 もう、完全に、個人の趣味で開いている文庫ですね。 こんな看板を見ると、思わず




妄想が暴走を


始めます(涙)


 


 そう、たとえば ──


 




 



 正午、12時。



 古い柱時計が時を打つと、籐椅子に座っていたおばあちゃんは、掛け声とともに立ち上がり、曲がった腰をいたわりながら、柱時計のねじを巻きに立ち上がります。


 


 このおばあちゃん。 昔は、小学校の社会の先生をしていました。



 若さにまかせて、先生の仕事に夢中になっているうちに、同じ小学校の、穏やかな国語の先生に心を寄せていきます。


 やがて二人は結ばれ、新しい家庭を築きました。


 二人とも、子供が欲しくて仕方がなかったのですが、なぜか、子供に恵まれません。


 なにしろ、昔の話のことです。 不妊治療なんて、思いもしない時代でした。


 いつしか、ふたりは、子供をあきらめ、本を集めて勉強に励み、教職に打ち込むようになりました。




 やがて、おばあさんはベテランの信頼される教師となり、旦那さんは校長先生になりました。


 そんな、ある日のことです。


 旦那さんが、とつぜん、学校で倒れました。


 血相を変えて駆けつけたおばあさんに、旦那さんは、弱々しい声で言います。



 ── 子供たちに、本を読むことの楽しさを、教えてやってくれ。



 旦那さんは、やっとの思いで、そう伝えると、救急車で病院に運ばれていきました。


 それが、おばあさんが聞いた、旦那さんの最後の言葉でした。


 


 


 ひとりぼっちになった、おばあさんは、主のいなくなった、旦那さんの書斎を見まわします。


 読書好きだった旦那さんの書斎は、まるで書庫のように、たくさんの本が棚に並べられていました。


 小学校の先生だった旦那さんらしく、童話から、専門書、文学書まで ──


 それを見た瞬間、おばあさんの耳に、旦那さんの、最後の言葉が聞こえたような気がしました。



 ── 子供たちに、本を読むことの楽しさを、教えてやってくれ。



 


 曲がった腰を無理に伸ばして、柱時計の硬いネジを巻いたおばあさんは、門の外で、子供たちの騒ぐ声に気づきました。



 「── おやまあ、気の早いこと。 ちょっと早いけど、文庫を開けるかねぇ」



 おばあさんは、きれいに磨かれた廊下を歩いていき、玄関から出ると、門を開けました。


 門の外で騒いでいた子供たちは、おばあさんの姿を見ると、ぺこりと頭を下げて、口々に、こんにちは、よろしくお願いします、と、おばあさんに挨拶します。



 「こんにちは。 もう、この間の本は、読み終えたのかねぇ」



 おばあさんが言うと、子供たちは、手に持った本を掲げて、自慢げに、読み終わりましたと大騒ぎします。



 「そうかい、そうかい。 じゃ、文庫へ入って、新しい本をお探しよ」



 おばあさんが、家の玄関を指さすと、子供たちは、いっせいに走って、家の中へ入っていきます。



 おばあさんの旦那さんの書斎は、いまでも、こんなふうに、週に一回だけ、いろいろな人が訪れては、好きな本を探す場所になりました。


 


 そんな書斎の中で、おばあさんは、ときどき、感じることがあります。


 


 いまは亡き旦那さんが、書斎の片隅で、満足そうに微笑んでいるような、そんな気配を ──。


 


 


ameba lanking banner

 




 


 ── って、ちがう、ちがーう! まだ終わりじゃありませんから! 


 おもいっきり、妄想に走ってしまったではないですか~~!!


 と…とにかく、どんなところか、見てみようじゃありませんか。


 え~と、この看板のウラ、ですね。


 … あ、あった。


 



豆の木文庫 ひそかに接近中




 


 むむ… もしかして、公民館とか、自治会館とか、そんなところなんでしょうか?


 それとも個人宅?


 謎は深まるばかりです。 では、気づかれないよう(泥棒かっ)さらに接近を…


 


豆の木文庫 ついに発見




 


 ふーむ。 これは、2階建ての個人宅のようですねー。


 なんだか、写真を撮るのが、ちょっとためらわれますが…


 お、なにやら、表札のようなものがある…


 え~と、


 


豆の木文庫 表札まで…


 


 表札は… 『 豆の木文庫 』 …


 ど… どこまでも凝りまくってますね。 敬服。


 




 


 結局、細かいことはわかりませんでしたが(文庫の開館時間外でしたし)、


 たぶん、隣家の方が、同じ敷地内の空き家を、文庫として開放しているのではと…?


 


(注追記: 後日、この文庫は、とある児童文学作家の方が自宅を開放されているものと
 判明しました。 別記事で、改めて書かせていただきますね。)


 


 しかし、その昔、




図書館の司書




 になる夢を持ったこともあるマスターには、もうタマラナい場所でした。


 


 


 皆さんも、ぜひ、こんな楽しい場所を、探してみてくださいね。


 


 それでは、また!


                                            カケス


 


 


ameba lanking banner
スポンサーサイト


丘の上の喫茶店のお茶会話
途中で
ついポチっと押した虎子です(爆)
うーん、トラップ・・・^^;

つねづね、虎子はモラ関係で集めた蔵書を、本気で貸し出ししようかと思っておりました。
えらい濃い内容から薄い本まで揃っていますので・・・床が抜けそうで心配なのですよ(マジ)
そんなところに、今回のマスターのお話。

虎子の妄想も一気に爆発したですーーーッ
題してv-40「モラの奇文庫」v-40

・・・誰も来たくはないですね・・・v-12

マスターのローカルネタ。
そこまでの導入部分はともかく、ほのぼのしてて大好きです♪

また来ますね~
【2007/01/23 01:14】 URL | 昔懐かしワンタンメン虎子 #Xk/vyiCg [ 編集]

ウチの近所にもあるよ(笑)
『カボチャほうとう生活骨董館(※店名適当です』 というのが通勤路v-29途中にあります。
普通の住宅のe-514二階部分がそうらしい。お庭が大変可愛らしいe-487

実家の近所にも『金剛文庫(※こっちもテキトー』と表札のあがった
どうも専門書?の個人図書館みたいのがある。

地元を丹念に歩くv-106と結構おもしろe-317発見あるよねe-68
【2007/01/23 10:38】 URL | ボンゴレーノモラ・バスター #- [ 編集]

虎子さん
こんばんはー。

あ、なんか、わかります。 虎子さんの家、本が積まれていそう。
本に囲まれて暮らしていそうな…

v-87v-87v-87v-87v-87
v-87虎子さんv-87
v-87怪獣くんv-87
v-87v-87v-87v-87v-87

おおっ! モラ・ガード万全v-405
って、その本がモラの本では…v-409

でも、読んだ本って、誰かの役に立てたくなりますね。
も、e-286モラの奇文庫e-286
けっこう、ネットで宣伝すれば来館者があるかも(爆)
【2007/01/23 23:05】 URL | チキンラーメン カケス #Hte2UAXI [ 編集]

モラ・バスターさん
こんばんはー。

ネット時代に逆効するような、個人博物館v-492?!って、見つけると
なんだか、楽しくなりますね。

「かぼちゃほうとう骨董館(名前適当)」ですかー。
なんとなく、なんでも鑑定団に訪れて欲しいようなv-28
まるごと¥5,000.- だったりして。
でも、いいんです。
楽しいからv-410

しかし、かぼちゃほうとう… マスターは、かぼちゃ抜きのシンプルなほうとうが好きです。


> というのが通勤路v-29途中にあります。

通勤路v-29って…なぜ走る?(爆笑)
朝、5分早く起きませんと(それが難しいのですね~v-407
【2007/01/23 23:19】 URL | 河口湖畔ほうとう カケス #Hte2UAXI [ 編集]

以前住んでたアパートの近くにもありましたねぇ。
昔、銀行だった建物を小さい図書館にしてました。
町営というか、商店街で運営してたっぽいですけど。
とりあえず個人経営じゃなかったかなぁ。

で、とりあえず看板…ほうき、そんな持ち方じゃすっぽ抜けちゃいますってば!
って突っ込むところですかね?(違
【2007/01/23 23:50】 URL | ボンゴレビアンコ カッパ #- [ 編集]

カッパさん
こんばんはー。

魔女の放棄…じゃなかった、ほうき。
たぶん妄想ですけど、ほうきは、飛ぶための乗り物だったんじゃなくて、
魔法を増幅するための道具…アンプリファイア(理系のカッパさんに専門用語v-81
きっと、ほうきがなくても飛べたんでしょうけど、手にしてると飛びやすかったんじゃないかと…v-355

ところで、そういえば、小さい頃、子供会なんかで、町内会館に文庫がありましたねー。

ふっと、今回の豆の木文庫に惹かれてしまったのは、ノスタルジア?v-464

カッパさんも、早く日本に帰ってきてくださいねーv-496
【2007/01/24 22:02】 URL | ソトアヤム カケス #Hte2UAXI [ 編集]

うちの近くにも似た様なのが・・・
マスター!雪で滑って坂を転げたら雪だるま状態です!!v-276
あっ!掘りごたつ作ってくれてる!
私が入ると足湯になるかな?
ミルクも大好きなので、満足満足。。。


いいですねぇ~マスターの妄想
これをプリントして、マメの木文庫さんに寄贈しては?

実話と勘違いされて偉いことになったりして

うちの近所の、本を唯山積みにして100円で売ってる家は パッと見普通の家ですが山積み見ると・・・なんか・・・怖いんです。。。

でも、昔こんな感じのところわりとあったような。


私の家も本が凄い!
本棚が欲しい!!
【2007/01/24 23:32】 URL | okannno-nikki #- [ 編集]

okannno-nikki さん
こんばんはー。


> 実話と勘違いされて偉いことになったりして

いやー、豆の木文庫の、門の前の掲示板に思わず貼り付けようかとv-12
そんなことしては、いけませんねv-358

しかし、一回、開館日に、どんな人が訪れるのか、見てみたかったりします。
やっぱり、子供が多いんでしょうね。

でも、100円で本を売ってる家もあるんですか(驚)
うーん、まあ、本も、たまると処分にこまりますしねー。

僕も、昔は本に囲まれて生活していましたが、いまはバッサリとシンプル・ライフです。
【2007/01/26 01:34】 URL | カケス #Hte2UAXI [ 編集]

ばっさりと
本を処理するコツを教えてくらさい~
(このままだと、たぶん地震がきたら本に潰されて圧死・・・)
【2007/01/26 06:33】 URL | 昔懐かしマルタイラーメン虎子 #Xk/vyiCg [ 編集]


カケスさんの妄想?小説?は温かいからとっても好きです。
あなたのやさしさが文章にあらわれているのでしょうねi-260
登場する子どもたちがキチンと挨拶するところがいいネ♪
絞りたてのホットミルクも頂いたせいか、心がぽかぽかなりました、ありがとう(^^)
「豆の木文庫」のあとを追って、こっそり写真を撮ってるあなたの姿i-237・・・
想像するのやめとこ~(笑



【2007/01/27 10:57】 URL | ベルギーワッフル Sally Garden #- [ 編集]

虎子さん
こんにちはー。

マスターが本v-87を処分したときは…
また見たいページがある本v-157スキャナーでそのページをパソコンに保存
して、あとは古本屋行きでした。
で、引き取り手のなかった本は、廃品回収へ(涙)v-449

いまだったら…Amazonに登録するのがいいかな、と思いますが、
わりとマイペースでできるオークションにくらべて、Amazonはちょっと厳格v-15?な
イメージがあって、片手間にやるのはちょっと、ためらいます。

Amazonで本を処分されてる方、そのへんは、どうなんでしょう?
【2007/01/28 12:55】 URL | 牛しゃぶうどん カケス #Hte2UAXI [ 編集]

Sally Gardenさん
こんにちはー。
ご来店、ありがとうございます。

>「豆の木文庫」のあとを追って、こっそり写真を撮ってるあなたの姿・・・i-229
>想像するのやめとこ~(笑

Sally Gardenさんって、どうして毎回鋭すぎv-319

いやー、小型のデジカメで写真を撮っていたのですが、そんなときに限って人通りが多くてi-242
普通の景色とかだったら、そんなに抵抗はないんですが、個人のお宅かも…と思うと
つい、コソコソv-427

すっかり怪しい人だったかもしれませんv-406
バレバレ…v-39
【2007/01/28 13:11】 URL | ブリュセルワッフル カケス #Hte2UAXI [ 編集]

・・・。(==)
裏道に入り込み熱心にとある家を写真撮影する怪しげな男…。

(; 」゜ロ゜)」 <オマワリサーン!
【2007/01/28 22:10】 URL | カッパ #- [ 編集]

カッパさん
こんばんはー。

そう、変装したほうがよかったかもv-17
緑の服着て、
頭にはお皿v-48かぶって、
マスク代わりにくりばしつけて…

(; ̄ё ̄)

あっ! カッパさんだ!v-407
【2007/01/28 23:48】 URL | 胡瓜漬け カケス #Hte2UAXI [ 編集]

わ~い♪掘りごたつ♪
全身入れるので大好きですなんですが、最近見ないですね(涙)
仕方ない・・・毎晩忍び込んで、明け方まで中で丸くなっていようv-283

みなさんも沢山本をお持ちなんですね♪
我が家もいつ床(畳)が抜けてもおかしくない様な状態です。
みなさんの蔵書を持ち寄って私設図書館を開けたら・・・
ああv-345素敵な悪寒予感v-351
かなり濃い内容の本が集まっていそうでv-319

そういえば、去年クララさんとココで待ち合わせしていた様な・・・v-12
ええ、ドリンクバー飲み放題って言って誘ったんですよv-37
掘りごたつ出来てるからって、また誘わなきゃ!

年末年始とノロと戦っていて出遅れましたが、今年も宜しくですv-207
【2007/01/29 07:07】 URL | みぃみぃ #- [ 編集]

むく・・・・
あ~ん、みいみいさんやっときた~!
掘りごたつの中でず~っと冬眠、待ってたんですよ!
 
ささ、かけつけ一杯どうぞv-273
 
私設図書館には、わたしの直筆ポエムを・・・・え?だめ?
【2007/01/29 20:37】 URL | クララ #.nYSL3eM [ 編集]

みぃみぃさん
こんばんはー。

あー、いえ、四畳半のスペースにつくった掘りごたつですから、全身入るのはちょっと無理かとv-25

みぃみぃさんも蔵書持ちでしたかe-102
あれは…適当なところで処分しないと、ほんとうに家が危険です(笑)
実家なんて、1階の天井の梁が、蔵書の重さで歪んでましたしv-394

がんばって整理しましょうv-219


【2007/01/30 23:02】 URL | ねこまんま カケス #Hte2UAXI [ 編集]

クララさん
こんばんはー。

あれ、去年、ご来店したままお見掛けしないと思ったら…

むく…って、ずっと、コタツの中に?v-405
フランクフルトの屋敷で、ハイジと遊んでたのかとv-268

と思ったら、いきなり一升瓶が出てるしv-406

今晩は当店、宴会場になりそうですね、きっとv-275
【2007/01/30 23:08】 URL | チーズフォンデュ カケス #Hte2UAXI [ 編集]

ぽかぽか~
マスター、ホットミルク、ご馳走様でした(@´▽`@)。
掘りごたつ、あったかい~zzz・・・。
あっ、また寝てしまうところでした。

「豆の木文庫」、素敵ですね(妄想も)♪
今度は「豆の木文庫」のお名前の由来を
是非、取材して来て下さい~(マスター突撃取材!)。

私の長谷川町子コレクション、まったりしたい時には
いつでもお貸しますね♪みなさまのコレクションも
一度、拝見したいです~。

図書館の司書、マスターにぴったり!
私は、大英博物館かオルセー美術館の学芸員に
なってみたいなあ(夢の中でもいいから)。
【2007/02/01 14:19】 URL | インペリアルトルテ あおい。 #- [ 編集]

あおいさん
こんばんはー。

なんか、新設の掘りごたつ、凄いことになってます。
ほとんど民宿状態?v-258

そうですね…『豆の木文庫』。
やっぱり、ジャックと豆の木からきてるんでしょうか。
しかし、長谷川町子コレクションは、いま貴重かもe-510
大切にしてくださいv-410

>私は、大英博物館かオルセー美術館の学芸員に

いやー、夢が大きくていらっしゃる。
どうせなら、スミソニアン博物館に挑戦してみては?
収集品の整理に生涯を捧げられるかもv-391
なんか1億数千点以上あるそうで(仰天)
【2007/02/01 23:32】 URL | ショコラトルテ カケス #Hte2UAXI [ 編集]

びっくり!!
いやもう…大変失礼いたしましたっv-436

実はこの文庫…戦後児童文学の5指に数えられるような、高名な作家先生が、
善意で子供たちのために自宅を開放しているもの、と判明しました。
くだらない記事で…恐縮です!!v-436v-436

改めて、関連する記事を書かせて頂きます。(別テーマで…)

冷や汗、汗v-356v-356v-356v-356


【2007/03/09 22:48】 URL | カケス #Hte2UAXI [ 編集]

私もビックリ!!!
思わず、ググってみたら
検索結果の最初が

「○崎○之助先生の児童文学についての
座談会(御本人登場です)」

その次に、マスターの
「妄想を誘うもの(爆)」の記事が・・・。

不謹慎とは思いつつ、笑ってしまいました。。。
真実は、マスターの妄想をはるかに越えていた!

お優しそうなおじい様だから、
きっと笑って許して下さいます事でしょう。

後日、真面目な記事アップ、期待しております♪

【2007/03/12 04:30】 URL | あおい。 #- [ 編集]

あおいさん
こんばんは~v-273

> 思わず、ググってみたら

あっ、ググられましたかv-406
そうなんです、ものの見事に検索結果が並んでしまって…v-404
がーん。ショック…v-289

豆の木文庫の「豆の木」を見た瞬間に、なんであの有名な同人誌「豆の木」が
頭に浮かばなかったのやら…v-466

いやー、実は、ひとつ、童話に関する話を書こうとしていて…
ググっと調べていたら、いきなり卒倒v-395
記事には、あわてて、注記を追加しておきました。
○崎先生ゴメンナサイv-436

やはり事実は妄想よりも奇なり珍なり摩訶不思議なり…(沈没)

ググると、豆の木文庫の中の写真も出てきますね…。
…って、あっ、そこのお客さん、ググらないよーにっ!! 恥ずかしいからっ!!!(自爆)e-268


【2007/03/12 23:24】 URL | カケス #Hte2UAXI [ 編集]



音感,チェック!! | BLOG TOP | 夕映えのブルース
珈琲片手に お茶会話を書いてみたりする














マスターにだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。