過ぎ行く風景
バツイチカケスのゆるゆる人生 BGMも交えて のんびりゆったり歩きます
いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



プロフィール

カケス

マスター : カケス
5年前、新しい人生の
スタートを切りました。
今はゆっくりと心身を
癒している最中。
近くに温泉が噴出したので、
週末を楽しんでいます。





周辺散策まっぷ


ameba lanking banner

▼ こんな男 要らねぇ !!
箱ミネコの離婚日記(暴走)
こんなオトコ要らねぇ~ミネコの「モラハラ」リコン日記
元夫から「モラハラ」を受けた
漫画家の筆者がやり場のない
怒りを爆発、ペン先を潰しつつ
執筆した著作、ついにマガジン
ハウスより、電撃発売が決定。
早くも大増刷準備か?

▼ カッパの南国別館
▼ 離婚・デトックス!
▼モラル・ハラスメント
 被 害 者 同 盟

▼95%モラハラ夫!
▼シングルマザーのゆううつ
▼ にゃりんたが行く
▼ 地上12,000mmの沃地
|電柱|`∇´)ノ





最近のお茶会話



コース別 メニュー



本日のおすすめ



月別アーカイブ



屋根裏部屋

全タイトルを表示



マスターへご注文

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



記事検索

指定言葉を含む記事を表示



お気に入り

Master of Coffeehouse Wolds
Found Gadgetries as . . .


foo bath bookstand
Relaxing Bath BookStand


just an old fashioned coffeemaker
old Fashioned Coffeemaker


One day, a little Chick visited Coffeehouse Wolds and....
One day, a Chick visited my...



piano player
Karaoke Network Comunity


家頁画廊~Web素材集~
Funny Style Illustration



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドレンジア
ハイドレンジア







 雨つぶが、ひとつ、僕の頬を打った。








 自宅から駅までは、わずか10分の距離。 今日は、折り畳み傘を使わなくて済むと思ったのに。

 満員の通勤電車の中で、濡れた折り畳み傘を持てあましている自分を想像して、僕は、思わずため息をついて、軽く唇を噛んだ。
 こんな、── こんな朝なのに。


  


 


 実家に里帰りしていた彼女が、ある日、戻ってこなくなってから、もう2か月になる。


 身にまったく覚えのなかった僕は、あまりの突然のことに、驚き、うろたえ、混乱した。 心は、事実を受け入れることができないまま、ただ、体だけが動いて、事態に対応していた。

 いっさいの話し合いを受けようとしない彼女に、知り合いから司法書士を紹介してもらい、全くの第三者を経由して、間接的なやり取りが始まったのだ。


 昨夜は、その司法書士から、初めてメールが届いた。
 メールには、文書ファイルが添付されていた。 それは、── 彼女からの、離婚事由説明の文書だった。
 僕は、ほんの一瞬、ためらったあと、意を決して、ファイルを開いた。


 


  ・ 夫は、穏やかな性格で、相性が合うと考え、結婚した


  ・ 新居は2DKのアパートだったが、そのアパートの居住者は男性
    ばかりだったのに気づき、すぐに転居をしたいと話したが、夫は
    応じなかった


  ・ 夫は、あぐらをかきながら、子供にミルクを飲ませるなど、父親としての
    自覚がない。 私が、子供にミルクを飲ませるときは、きちんと正座して
    欲しいと強く注意すると、背を向ける


  ・ 夫は、暴力や大声を出すことはないが、意見が押し付けがましいときがある


  ・ 会社からの帰りが遅く、心身疲れ切っている様子で、休日も少し目を
    離すと、居眠りをしている。 覇気がなく、魅力が感じられなくなった


 
 ── こんな内容が、延々、100近い項目にわたって、列挙されていた。



 


  この文書を眺めながら、僕は、その向こう側に見える、あることを感じていた。


 それは、とても簡単なこと。


  『── 彼女は、ただ、僕を嫌いになった。』


 それだけのことだった。


 そして、僕は、彼女の性格を良く知っている。
 彼女は、一度言い出したことは、── 絶対に引かない。




  文書の中の項目は、明らかに事実と違うものも多く、ひとつひとつ、論破していくのは、それほど難しくなかった。


 ただ、それを始めてしまうと、本当の戦いになってしまう。
 僕と彼女は良くても、子供たちは、子供たちの未来は、どうなるのか。



 僕は、ディスプレイを前にして、朝が近づくまで、ぼんやりと考えていた。


  


  


 雨粒が、僕の背広の、ところどころに、小さな跡をつけはじめた。 いよいよ、本降りだ。


 僕は、鞄の中をまさぐって、折り畳み傘を取り出すと、振り払うようにして開く。


  その傘の先を見たとき、── 道端の小さな公園の植込みに、青い紫陽花がひっそりと咲いているのに、初めて気がついた。

 心が、彼女と子供たちのことで一杯で、いままで、気がつく余裕も、なかったのか。


 


 以前、彼女が言っていた言葉が、ふと、頭をかすめた。


  ” 紫陽花の花はね、植わってる土で、色が変わるの。
    だから、花言葉はね── 『移り気』。
    私が、幸せになれるかどうかは、ぜんぶ、あなた次第、なのよ。”


 


 降り出した雨が、すぐに、僕を現実に引きもどす。
 僕は、傘を上に掲げると、駅への道を、急ぎ足で歩き出した。


 きっと、この紫陽花を見るのは、この季節が最後になる。
 そんな予感を、心の隅に押し込めながら。


 


 
 


ameba lanking banner






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。