過ぎ行く風景
バツイチカケスのゆるゆる人生 BGMも交えて のんびりゆったり歩きます
いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



プロフィール

カケス

マスター : カケス
5年前、新しい人生の
スタートを切りました。
今はゆっくりと心身を
癒している最中。
近くに温泉が噴出したので、
週末を楽しんでいます。





周辺散策まっぷ


ameba lanking banner

▼ こんな男 要らねぇ !!
箱ミネコの離婚日記(暴走)
こんなオトコ要らねぇ~ミネコの「モラハラ」リコン日記
元夫から「モラハラ」を受けた
漫画家の筆者がやり場のない
怒りを爆発、ペン先を潰しつつ
執筆した著作、ついにマガジン
ハウスより、電撃発売が決定。
早くも大増刷準備か?

▼ カッパの南国別館
▼ 離婚・デトックス!
▼モラル・ハラスメント
 被 害 者 同 盟

▼95%モラハラ夫!
▼シングルマザーのゆううつ
▼ にゃりんたが行く
▼ 地上12,000mmの沃地
|電柱|`∇´)ノ





最近のお茶会話



コース別 メニュー



本日のおすすめ



月別アーカイブ



屋根裏部屋

全タイトルを表示



マスターへご注文

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



記事検索

指定言葉を含む記事を表示



お気に入り

Master of Coffeehouse Wolds
Found Gadgetries as . . .


foo bath bookstand
Relaxing Bath BookStand


just an old fashioned coffeemaker
old Fashioned Coffeemaker


One day, a little Chick visited Coffeehouse Wolds and....
One day, a Chick visited my...



piano player
Karaoke Network Comunity


家頁画廊~Web素材集~
Funny Style Illustration



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚と税金

こんにちは! カケスです!


1か月にもわたって妄想絵文字名を入力してください暴走してヒンシュクを買った、
丘の上の喫茶店へ、ようこそ!


 ささ、お席へどうぞ。 本日のお勧めは、そば茶です。 食事前に、ぴったり!


 


 


さて、やっとの思いで妄想絵文字名を入力してください から抜け出しましたので、



ここらで現実に話を


戻しましょう(笑)。


 





 


 
 自営業の方、その他の方、3月15日の確定申告、お疲れさまでした!


 特に、青色の申告をされた方! 徹夜組もいらっしゃったこととお察しします(涙)。


 


  さて、マスターの職業、喫茶店経営とか迷探偵とか高校生とか(オイオイ)、いろいろな噂がとんでおりますが、本業は、


サラリーマンです。



 で、いまさらですが、サラリーマンは、会社の給料から、年末に源泉徴収という形で、税金を引かれるようになっていますね。


 最近の会社では、社内ネットワークの事務処理ホームページで、前回の源泉徴収からの変更点をパソコンでポチポチ修正して印刷、ハンコを押して提出して、ハイ、終わり! と楽なものです。


特別なことがない限りは。



 特別なこと、とは、源泉徴収の内容が間違っていたりとか、家を買ったばっかりとか、いろいろあるのですが、場合によっては、税務署へ行って、確定申告をしなければなりません。


 なんと、今年は、それが、僕に降りかかってきました。


 よりによって ── いちばん忌まわしい記憶離婚が原因で。


 




    離婚を経験された方なら、ある程度、税金との関わりの基礎知識は、ご存知ですね。


 


 慰謝料は、損害賠償金扱いで、慰謝料の授受に所得税は非課税。


 財産分与は、特有財産(お互いの個人の財産)と共有財産(二人の実質的な共有の財産)の一般的な区分をはずれない限り、財産を、お互いの正当な持分に分けなおすだけで、贈与とはならないので、現金清算なら、非課税


 養育費は、常識的な額であれば、非課税です。


 


 これが、離婚にまつわる税金の、一般的な考えかたですね。


 もちろん、例外、細則はありますので、注意が必要です。


 


 僕の場合、今回の確定申告で、その、例外に引っかかりました。


 




 


   僕の場合、離婚の清算条件は── (そういえば、ブログに書くのは初めてですね)


  1.慰謝料  なし。

           相手方が悪意の遺棄に該当するので、請求は可能でしたが、黙認。


  2.財産分与 不動産とローン残を折半。

           ローンは、ほぼ払い終わりつつあったので、あまり影響なし。
           不動産の財産価値は、固定資産評価額を適用することで、黙認。
           わかる人にはわかりますが、一部を除いて、固定資産評価
       額は、実際の売買相場より圧倒的に安価
となります
            が、黙認。

           その他、将来に向けて貯金もしていましたが、全通帳を差し押さえた相手が
           貯金額はゼロ、と言い張るので(それが嘘なのは調査済み)、黙認。


  3.監護権  相手方の主張を黙認。


           母親と乳幼児が健全で安定した生活をしていれば、父親が監護権を取得
           するのは、現在の日本では、まず不可能です。


  4.養育費  財産分与として僕に分けられた分を、全額、相手に一括支払い。
              160 つまり、養育費財産分与で、不動産を、丸ごと相手へ。


           一括払いでの不足分(多額ではないですが)については、月々、一定額以上
           の支払いとし、不足分の全額が支払われるまで、継続する。
           ただし、支払い側の状況により、一括繰上げ支払い可、という条件付き。
           (余裕のあるときに、ある程度の金額をまとめて先払いOKということです。
             1回、実施済み)
           2.で、不動産の価値を低めに見ているので、不足分が大きくなり、僕に
           負担が大きくなりますが、黙認。


 黙認、が多いですが、基本的に、相手方が子供を養育する形になり、今後、大変になるだろうということで、あえて目をつぶりました。 言いたいことは、山ほどありましたが…(本音)


 ただ、養育費ほとんど全額一括払いするので、引き換え条件として


  1. 一般的な養育費算定表から、ある程度、支払額を減額。


  2. 養育費の追加請求が、いっさい出来ない公正証書にしてあります。
     養育費は、時効なしで、いつでも話し合いで増減できるというのが常識ですが、
     たとえ裁判を起こされても、それができない公正証書になっています(※)。


      ※世の中には、相手をだまして悪用しようとされる方もいらっしゃいますので、この方法
        について具体的に説明・示唆されたコメントを頂いた場合、すみませんが、コメントを
        預からせていただきますね。
        逆に、養育費を受け取る側で、これから公正証書を作成される方、左のカラムから
        メールを頂ければ、当方の判断で、お返事します。


 




  


 さて、だらだらと長くなってしまいましたが ──


 ご親切な税務署様は、わざわざ、年明け早々、申告書を自宅に郵送してくれました。


 中を開けてみると、


不動産譲渡所得申告



にまつわる書類が…(轟沈)


 そう、不動産で清算を行った場合、譲渡扱いとなり、課税が発生するのです。


 


 ちょっと待った~っ、昨年末に、離婚後に貯めた貯金で、養育費をまとまった額、先払い実施したばっかりだし、ついでに、相手に貸していた、ローンの立て替え金を、いまさらいいよって、善意で債権放棄してるんですが~っ(爆)


 つまり、1月はピーピーで、納税できるほどまとまったオカネが、手元になかった状態で(爆)


 ついでに、支払いのやり取りの中で、相手からわけのわからない人格攻撃を直撃被弾して、年末から今年初旬にかけて、精神状態ボロボロだったんですが~っ(爆散)


 


こんな状態の人間


から、税金むしり


取るかな…(涙)


 



 とはいえ、来ちゃったものは、しょうがありません。 説明に目を通してみました。


 長くなるので、一言で書くと、


 不動産の転売で大幅な利益が出たら、 利益の10~15%を税務署に収めなさい、と…


 




 


   上にも書きましたが、相手に財産分与したときの不動産の価値は、無茶苦茶に安くしてます


 金額だけで言えば、利益どころか、ドブに捨てたような大損です。 確定申告は必要なものの


税金は納めなくてもいいハズ。



 で、胸をなでおろしたのですが、ここで、はっと気がつきました。


不動産の譲渡価値(価格)を


記したエビデンス


(証拠となる書面)がない!



 公正証書には、不動産については、譲渡する、とあるだけで、その価値は書いてありません。


 当然、額面を記した、売買契約書なんて、存在するわけもなく…


 かろうじて、仲介に立った司法書士の先生とのメールのやりとりで、金額が何回か書いてあるだけです。


 サテ、電子メールは、税務署に証拠として通用するのだろうか…


 迷ったあげく、とにかく出せる資料を持って、確定申告開始前の税務署に、聞きに行きました。




 
 まだ、2月にはいったばかりで、確定申告前の税務署、空いているかとおもいきや ──


ものすごい人だかり…



もう、確定申告を受け付けているじゃないですか(涙)


 とにかく、税務署員らしきオジサマに、相談したいことがあると言うと、


 「そこのテーブルの前の席に座って、書き方の指導を受けてください」


と、けんもほろろに、テーブルを指さします。


 そこを見ると、確定申告を書きに来た人で、ぎっしり超満員。 とても、あそこで、離婚と言う言葉を出して、相談するのは気が引けます。


 「相談内容が内容なので、別の席はありませんか?」


と聞くと、


 「じゃ、あそこでは?」


と、隅の席を指さします。 そこも、似たようなものでした。 僕は諦めて、そこの席で、指導に巡回している税務署員を待ちました。


待つこと10分。 相談役にやってきたのは20歳前後の、やる気溢れる?税務署員


年齢で人を見てはいけないけれど、


僕の状況、


理解できるだろうか?(複雑)



「どうしました?」


「えーと、不動産譲渡申告の、譲渡価格なんですが」


「はい」


価格の実体が、ないんです。ですから、譲渡価格は、不明で ──」


「?? どういうことですか?? 売買契約書は、必ず、あるはずですよ」


やっぱり、予想通りの展開。 僕は、意を決して、答えました。


離婚したんですが、財産分与養育費の対価として、相手方に不動産を譲渡したので ──」


すぐそばで、確定申告書を書き込んでいた周囲の数人が、


一斉に顔を上げて、僕を見ます。



ああ、予想通りの展開(涙) ──


若い税務署員は、数秒、沈黙したあげく、ベテランの税務署員を呼びに行きました。


ああ、これまた予想通りの展開(爆涙) ──


 




 


 やってきたベテランの女性税務署員、経験を積んでいるとみえて、てきぱきと答えます。


 「そういう場合は、近所の不動産の、売買相場価格を参照します。 近所の、築年数・土地・床面積の近い物件の、売買価格を参考にして、割り出して ──」


 出ました。 まさしく教科書どおり、正論のお言葉。


 


 僕は、答える代わりに、頭を抱えました。


 


 また、あの呪われた町へ行って、近所の売買実績の調査なんかしなきゃいけないとは。


 もう二度と、かかわりたくない家なのに ──。


 


 と、僕の様子を見た女性税務署員、僕の心象をすぐに察したようです。


 


 「えっと、あの、その、煩わしいでしょうから、当で結構です。 現行の簿価と同じにしてしまってもかまいません。 あのー、いずれにしても、この時期に不動産を取得した方は、売却で利益を出されることは、まず、ないので ──」


 「いいんですか?」


 「ええ、── ただ、売却理由に、離婚に伴う諸費用の支払いのため

とだけ、書いておいて下されば。 そうすれば、私たちも、


それで察しますので──


 


 さすが、ベテランの税務署員です。 ツボを押さえています。


 それで、そのまま書類に金額を記載したら、もう提出できると言うので、そのまま書類のみ提出。


 


 というわけで、確定申告は、2月の初旬に


無事に完了しました。


(ぶ…無事なのか…?)





 




 


 いやはや、お客さん、すみません、つい愚痴になってしまいました。


 どうせなら、楽しい記事を書きたいものです(涙)


 それでは、また、改めて!


                                           マスター カケス


 


ameba lanking banner

 


スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。