過ぎ行く風景
バツイチカケスのゆるゆる人生 BGMも交えて のんびりゆったり歩きます
いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



プロフィール

カケス

マスター : カケス
5年前、新しい人生の
スタートを切りました。
今はゆっくりと心身を
癒している最中。
近くに温泉が噴出したので、
週末を楽しんでいます。





周辺散策まっぷ


ameba lanking banner

▼ こんな男 要らねぇ !!
箱ミネコの離婚日記(暴走)
こんなオトコ要らねぇ~ミネコの「モラハラ」リコン日記
元夫から「モラハラ」を受けた
漫画家の筆者がやり場のない
怒りを爆発、ペン先を潰しつつ
執筆した著作、ついにマガジン
ハウスより、電撃発売が決定。
早くも大増刷準備か?

▼ カッパの南国別館
▼ 離婚・デトックス!
▼モラル・ハラスメント
 被 害 者 同 盟

▼95%モラハラ夫!
▼シングルマザーのゆううつ
▼ にゃりんたが行く
▼ 地上12,000mmの沃地
|電柱|`∇´)ノ





最近のお茶会話



コース別 メニュー



本日のおすすめ



月別アーカイブ



屋根裏部屋

全タイトルを表示



マスターへご注文

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



記事検索

指定言葉を含む記事を表示



お気に入り

Master of Coffeehouse Wolds
Found Gadgetries as . . .


foo bath bookstand
Relaxing Bath BookStand


just an old fashioned coffeemaker
old Fashioned Coffeemaker


One day, a little Chick visited Coffeehouse Wolds and....
One day, a Chick visited my...



piano player
Karaoke Network Comunity


家頁画廊~Web素材集~
Funny Style Illustration



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想を誘うもの(爆)

 こんにちは! カケスです!


 急に寒くなってきました。 雪まで降ったりして…。


 寒い中、雪の坂道を登って、丘の上の当店へご来店頂き、ありがとうございます!


 ささ、店の奥の、掘りごたつスペース(新設)へ、どうぞ。


 メニューは、…当店の近所の牧場で絞りたての、ホットミルクで健康的に。


 


 マスターは、1ヶ月ぶち抜き企画物の準備中で多忙ですが、どうぞ、ゆっくりしていってくださいね。


 




 


  さて、久々に、


ローカルネタです(爆)。


 


 当店の近くに、マスターが勝手に 『買い物街道』 と呼んでいる道路があります。


 コーヒー豆の買出しに…というのはタテマエで、じつは100円ショップが乱立している道…あ~、いえ、コホン。


 


コーヒー豆の買出しです(爆)。


 


 とはいえ、好奇心旺盛なマスター。 常に、豆の新しい仕入先を探して、ふらりと知らない道へ入り込みます。


 その日も、裏道へと入り込み、ぶらりぶらりと旅を続けていました。


(決して、道に迷っているわけではナイ)



 と、その時です。 マスターの目に、こんな看板が飛び込んできました。


 


豆




 


 おおっ! これは、コーヒー豆の専門店!


 これで、当店にも、新しい香りの旋風が…千客万来売り上げ倍増なむなむ


 マスターは、喜んで、この看板を見直しました。


 ん…?


 


 


豆の木


 


 ま、豆の木?!


 ちょっと待った、いくらマスターにこだわりがあるといっても、豆を育てるほどではない(涙)


 しかし、この店、いったい何なんだ、えらく大きな看板だけど…


 マスターは、後ずさりして、看板全体を見回してみました。


 そこには…


 




 


 


豆の木文庫 看板





 あ、豆の店じゃ、なかったんですね。


 しかし、手作りの大きな看板に、素人っぽい絵… でも、


かなり、ていねいに描いてあります。


 これを描いた人は、ちょっと茶目っ気のある、温かい人なのでしょう。


 キャッチフレーズがまた、いい。 「── 赤ちゃんからおとしよりまで、本を無料で貸し出します」 


 開館時間は、毎週土曜日の午後1時半から、4時まで。


 もう、完全に、個人の趣味で開いている文庫ですね。 こんな看板を見ると、思わず




妄想が暴走を


始めます(涙)


 


 そう、たとえば ──


 




 



 正午、12時。



 古い柱時計が時を打つと、籐椅子に座っていたおばあちゃんは、掛け声とともに立ち上がり、曲がった腰をいたわりながら、柱時計のねじを巻きに立ち上がります。


 


 このおばあちゃん。 昔は、小学校の社会の先生をしていました。



 若さにまかせて、先生の仕事に夢中になっているうちに、同じ小学校の、穏やかな国語の先生に心を寄せていきます。


 やがて二人は結ばれ、新しい家庭を築きました。


 二人とも、子供が欲しくて仕方がなかったのですが、なぜか、子供に恵まれません。


 なにしろ、昔の話のことです。 不妊治療なんて、思いもしない時代でした。


 いつしか、ふたりは、子供をあきらめ、本を集めて勉強に励み、教職に打ち込むようになりました。




 やがて、おばあさんはベテランの信頼される教師となり、旦那さんは校長先生になりました。


 そんな、ある日のことです。


 旦那さんが、とつぜん、学校で倒れました。


 血相を変えて駆けつけたおばあさんに、旦那さんは、弱々しい声で言います。



 ── 子供たちに、本を読むことの楽しさを、教えてやってくれ。



 旦那さんは、やっとの思いで、そう伝えると、救急車で病院に運ばれていきました。


 それが、おばあさんが聞いた、旦那さんの最後の言葉でした。


 


 


 ひとりぼっちになった、おばあさんは、主のいなくなった、旦那さんの書斎を見まわします。


 読書好きだった旦那さんの書斎は、まるで書庫のように、たくさんの本が棚に並べられていました。


 小学校の先生だった旦那さんらしく、童話から、専門書、文学書まで ──


 それを見た瞬間、おばあさんの耳に、旦那さんの、最後の言葉が聞こえたような気がしました。



 ── 子供たちに、本を読むことの楽しさを、教えてやってくれ。



 


 曲がった腰を無理に伸ばして、柱時計の硬いネジを巻いたおばあさんは、門の外で、子供たちの騒ぐ声に気づきました。



 「── おやまあ、気の早いこと。 ちょっと早いけど、文庫を開けるかねぇ」



 おばあさんは、きれいに磨かれた廊下を歩いていき、玄関から出ると、門を開けました。


 門の外で騒いでいた子供たちは、おばあさんの姿を見ると、ぺこりと頭を下げて、口々に、こんにちは、よろしくお願いします、と、おばあさんに挨拶します。



 「こんにちは。 もう、この間の本は、読み終えたのかねぇ」



 おばあさんが言うと、子供たちは、手に持った本を掲げて、自慢げに、読み終わりましたと大騒ぎします。



 「そうかい、そうかい。 じゃ、文庫へ入って、新しい本をお探しよ」



 おばあさんが、家の玄関を指さすと、子供たちは、いっせいに走って、家の中へ入っていきます。



 おばあさんの旦那さんの書斎は、いまでも、こんなふうに、週に一回だけ、いろいろな人が訪れては、好きな本を探す場所になりました。


 


 そんな書斎の中で、おばあさんは、ときどき、感じることがあります。


 


 いまは亡き旦那さんが、書斎の片隅で、満足そうに微笑んでいるような、そんな気配を ──。


 


 


ameba lanking banner

 




 


 ── って、ちがう、ちがーう! まだ終わりじゃありませんから! 


 おもいっきり、妄想に走ってしまったではないですか~~!!


 と…とにかく、どんなところか、見てみようじゃありませんか。


 え~と、この看板のウラ、ですね。


 … あ、あった。


 



豆の木文庫 ひそかに接近中




 


 むむ… もしかして、公民館とか、自治会館とか、そんなところなんでしょうか?


 それとも個人宅?


 謎は深まるばかりです。 では、気づかれないよう(泥棒かっ)さらに接近を…


 


豆の木文庫 ついに発見




 


 ふーむ。 これは、2階建ての個人宅のようですねー。


 なんだか、写真を撮るのが、ちょっとためらわれますが…


 お、なにやら、表札のようなものがある…


 え~と、


 


豆の木文庫 表札まで…


 


 表札は… 『 豆の木文庫 』 …


 ど… どこまでも凝りまくってますね。 敬服。


 




 


 結局、細かいことはわかりませんでしたが(文庫の開館時間外でしたし)、


 たぶん、隣家の方が、同じ敷地内の空き家を、文庫として開放しているのではと…?


 


(注追記: 後日、この文庫は、とある児童文学作家の方が自宅を開放されているものと
 判明しました。 別記事で、改めて書かせていただきますね。)


 


 しかし、その昔、




図書館の司書




 になる夢を持ったこともあるマスターには、もうタマラナい場所でした。


 


 


 皆さんも、ぜひ、こんな楽しい場所を、探してみてくださいね。


 


 それでは、また!


                                            カケス


 


 


ameba lanking banner

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。